初めてオリジナル製作をお考えの方へ|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

初めてバックパネルのオリジナル製作をお考えの方へ

バックパネルのフレーム本体から設置する大型幕まで激安で取り扱っている当、専門サイトへご訪問頂きありがとうございます。初めてシステムパネルのご購入を初めて検討されているお客様へ向けたお見積りへ必要な項目を集約したページとなります。

当店では、格安でのプリントやフレーム販売に自信をもっている為に、製作価格はお見積り依頼を頂けた方にのみ公開させて頂いております。お気軽にお見積りやオリジナル作成に関するご不明点などあれば、フリーダイヤル(0120-001-991)もしくはメール(info@maku-oroshi.com)にてご連絡くださいませ。

バックボードのお見積り依頼の前に下記内容をお決め下さい。

  • STEP.1 生地をお決めください
  • STEP.2 サイズと枚数をお決めください
  • STEP.3 おおまかなデザインイメージ
  • STEP.4 お見積り依頼をする

バックパネルのメディア制作生地は、お決まりですか?

バックパネルのフレームに設置するメディアの印刷制作生地をお決め下さい。展示会や記者会見などイベント装飾として使われる事の多いアイテムである為に持ち運びが楽に出来て、透け感の少ない「テトロントロマット」をお薦めとして下記には掲載しております。

しかし、幕やシートを通販サイトにて専門的に取り扱っている当店では、他にも多数のバックボードやシステムパネル生地をご用意しております。

「昔、使用していた」「クライアントからの指定生地」などありましたら、お見積り依頼などの際にご記載くださいませ。

定番生地でバックパネル
テトロントロマット
例えばこんな用途に最適!
  • 1.定番生地にてバックパネル製作をお考えの方
  • 2.オリジナルスポンサーボードとしての特注作成

尚、上記のテトロントロマットより薄手の化学繊維生地でありますテトロントロピカルも激安でバックボード用のメディアとして作成販売しております。気になりました際には、生地サンプルを送付いたしますので、手にとってご確認する事も可能となります。

「バックパネル本体+メディア」「交換用メディア」どちらもご注文承ります。

フレームは「持っている」もしくは「前回購入した」などの、お客様の為に当店では交換用のメディアのみの格安販売も受付しております。やはり、展示会で使用される場合と就職説明会で使用される場合はオリジナルデザイン内容も大きく変わってくるかと思います。各種、出展をご検討でしたらシステムパネルフレームを1台ご購入いただき、メディアはイベント毎に分けた複数枚のオーダーメイド製作をされる事もお薦めいたします。

オリジナル幕のご注文枚数がまとまりますと、製作価格もより一層、激安でバックパネル販売をする事も可能となります。

バックパネルの仕様(サイズ・枚数)はお決まりですか?

3×3 サイド無し
メディアサイズ

w2265mm×h2265mm

3×3 サイド有り
メディアサイズ

w2955mm×h2265mm

3×4 サイド無し
メディアサイズ

w3005mm×h2265mm

3×4 サイド有り
メディアサイズ

w3695mm×h2265mm

背面に最初に設置するバックボードのフレームは特注では無く既製品となります為に規格サイズで決まっております。

どのようなサイズ展開・形式で設置するかで設置する幕の制作サイズも変わって参ります。当店で取り扱っているシステムパネルに適合するメディアの寸法は上記の4種類となります。普段、出展されるブースの大きさなどからお決めくださいませ。

1小間ブースは一般的に3mの奥行と言われていますが、イベント会場などにより前後はございます。インタビューなどの背面のスポンサーパネルとして使用する場合には、大き目サイズの方が都合が良いかもしれません。

バックボードの特注デザインイメージはお決まりですか?

バックパネルなどの寸法やオリジナル幕の製作枚数などがお決まりでしたら、デザインのイメージをお考えください。

定番のデザインと言えばロゴを散りばめた千鳥格子デザインにてプリントする形と新商品のブランディングでしたら、商品のフルカラー写真と分かりやすい短い文言でキャッチコピーを名入れする形の大きく分けて2種類ございます。尚、当店ではイラストレーターデータ以外に、幅広いご入稿方法にて、バックボードのデザインデータを受付しております。下記をご参考ください。

※オリジナルバックパネルのデザインをaiデータに置き換える変換手数料は難易度により変動致しますので別途お問合せ下さい。

上記がお決まりでしたらバックパネルのお見積りへとお進みください。

記者会見や展示説明会などに設置するバックパネルの制作イメージが大体、固まりましたらお見積り依頼のステップへお進みください。

お見積り頂いたバックボードやシステムパネルの内容を精査させて頂き、1営業日以内に激安価格にてお見積り書をメールもしくはFAXにて、お出しさせて頂きます。尚、お見積り書は何度か出し直す事も可能となりますので、予算に合わないなどございましたら、再度ご相談下されば違った形でのオリジナル作成の提案も可能となる場合がございます。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.