色味について(Q&A)|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

色味について(Q&A)

イベントブースにおける装飾や、インタビューの背面として置かれるバックパネルは、多くの人にアピールすることができる人気の販促アイテムです。色味に関しても数多くのご質問を頂いているので、その一部をここに掲載させて頂きます。

バックボードを特注する際、こちらで色指定することはできますか?

受付けております。バックパネルの名入れ製作で色指定を行う際には、PANTONEやDICのカラーガイドの番号で指定して頂けるとスムーズです。他にも指定したい色をした布や紙などの実物をお送りして頂いての色指定にも対応しております。

注文製作のシステムパネルの色数は何色までありますか?

大きく分けてシステムパネルの印刷方法は二種類あります。インクジェットであればフルカラーに対応しているので色数を気にせず作成して頂けます。一方シルクスクリーンは色数の多いデザインは向かず、色を増やすとお値段も上がってしまいます。

オリジナルのバックボードで定番の色はありますか?

企業のイベントブースや記者会見、インタビューの背面で使われるスポンサーボードの場合、相手にいいイメージを持ってもらう必要があるため、スタイリッシュな印象の青系や、親しみやすい緑系の色合いがよく販売され、使われています。

金や銀を配色したスポンサーボードの制作は可能?

申し訳ありませんが不可能になります。高級路線の商材の発表記者会見や、展示会のブース装飾に使うバックボード制作にて、お客様がお尋ねになりますが、金色や銀色のプリントは出来ません。これは印刷の工程上の都合ですので、理解の程、宜しくお願いします。

バックパネルのデザインに写真を入れたいのですが注意点は?

通販で格安で手に入り、雰囲気ある宣伝材料の写真をプリントすることも多いスポンサーボード。見本市で目を引くような写真画像を使う場合には、CMYKという形式に変換します。その時に色味が変化することがあるので気を付けましょう。

青と白の2色でよくある市松模様のシステムパネルを作った場合、色数は2色ですか?

白色は基本的に生地の色をそのまま使うことになります。なので他にロゴなどの色が入っていなければ、この場合の色数は青の1色です。バックパネルをオーダーメイドで作成する場合にはこの点を工夫するとより、激安で購入できます。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.