データ作成について(Q&A)|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

データ作成について(Q&A)

展示会や見本市、インタビューから記者会見まで広く使われるバックパネルは、優れた販売促進アイテムです。通販の専門店である当店では、データ作成に関わる様々な質問がよせられます。それらをここに簡単に纏めましたので、ぜひ参考にして下さい。

バックパネルを入稿するのに都合良いデータ形式は何ですか?

オーダーメイドのバックボードのデザインデータを作成するには、アドビ社のイラストレーターというソフトを推奨しています。データは「.ai」にてご入稿ください。現在はCS6以下のバージョンに対応していますので、よろしくお願いします。

AIデータの代わりにシステムパネルの入稿をできる形式はありますか?

可能です。当店ではイラストレーターのほか、フォトショップやエクセル、ワードで製作した形式でも格安に購入できるバックパネルデザインの入稿を承っています。別途データ変換手数料が発生してしまいますので、その点だけご了承ください。

バックボードのデザインを手書きにしたいのですができますか?

可能です。ただ別途でデザイン起こし料金が発生してしまうことと、全ての手書きデザインに対応している訳ではない点はご了承ください。そのような特注システムパネルの制作をご希望の方は、一度ご相談を頂ければと思います。

バックパネルのデータ変換料金が発生する理由を教えて下さい。

工場にてオリジナルの名入れシステムパネル製作する際には、必ずAI形式に変換することになるためです。そのためAI形式でご入稿いただくと工程がスムーズであり、事故も起こり難くなるメリットがございます。何卒ご理解ください。

スポンサーボードの印刷と相性の悪いフォントは?

基本的にスポンサーボードの注文制作に問題のあるフォントというのはありません。特にAIデータの場合、作る時にアウトライン化という処理をして頂くことで、一般的に使用するほとんどのフォントをお使い頂くことが出来ます。

バックボードに写真をプリントしたいのですが可能ですか?

可能です。イベントブースの背面には鮮やかな画像がプリントされたスポンサーボードがよく置かれています。その際には、写真の解像度が実寸で300dpiに足りているかご確認下さい。画素数が足りていないと荒く出力されてしまいます。

この他にバックパネルのデザインデータを作るのに注意することはありますか?

激安なバックボードのデータを作る時に注目すべき点は様々ですが、AIデータの場合ではカラーモードを「CMYK」にするのを忘れないようにお気を付けください。後々にモードを変更すると色味を再調整しなければならなくなってしまいます。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.