バックパネル生地の身近な用途|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

バックパネル生地の身近な用途

バックパネルに使われている素材は、あまり馴染みのある名称ではありません。いざ特注で作成しようと思っても、通販サイトの情報だけではイメージが掴めないのではないでしょうか。

この生地たちはスポンサーボード専用の素材などではなく、名前こそ聞き慣れませんが私たちの身近にある、様々なものに使われ、販売されている素材です。インタビューやイベントで使われるシステムパネルを、少しでも身近なものとして感じて頂ければと思い、ここでは生地のバックボード以外の用途や特徴を掲載しています。

テトロントロピカル

テトロントロピカル

バックパネル以外の用途
国旗、のぼり旗、イベント用暖簾など

バランス重視の定番生地

オリジナルのスポンサーボード作成で最もスタンダードな素材がこのテトロントロピカルです。適度な厚みがあり、格安で制作できるバランスのとれた生地です。表面には化繊独特の光沢感があり、フルカラー印刷も色鮮やかにプリントすることができます。

バックボード以外の用途では、カラーが綺麗に出ることから国旗の作成などに使われています。システムパネルと同じイベント用途では、見本市や物産展で使われる暖簾などにも使われています。

耐久性と価格のバランスがいいので、コストパフォーマンスを重視した激安システムパネルの作成に最適な素材です。また軽量な素材なので頻繁に設営と撤収を繰り返すバックボードの製作にもお薦めです。

テトロントロマット

テトロントロマット

バックパネル以外の用途
テーブルクロス、タペストリーなど

丈夫で長持ち、質感も高い

数あるポリエステル生地の中でも最も厚みと耐久性の高い生地がこのテトロントロマットです。この特製を生かして、長い期間設置される、常設タイプのスポンサーボードのオリジナル製作によく使われています。

バックボード以外では、店舗装飾用途の名入れタペストリーや、テーブルクロスなどに購入されています。厚みと重量、質感があるので、このようなお店のインテリアなどに向いていますが、一方で頻繁に設置と取り外しを繰り返すような用途には不向きです。

バックパネルに使用する場合も、屋外など耐久性の求められるシチュエーションや、長い期間を使い続けるバックボードの注文製作にお薦めしています。化繊生地の光沢や特性をしっかり持っているので、フルカラー印刷も鮮やかにプリントできます。

CHECK!

イメージを掴んでオリジナル制作に役立てよう

展示会などのイベントや、記者会見の背面といった非日常の場でしかあまり見かけないバックパネルですが、使われている素材自体は私たちの生活に溶け込んだ馴染みあるものです。

テトロントロマットなどは、その気になれば近所のレストランに行って触って確かめることだってできます。スポンサーボードをオーダーメイドで注文制作する前に、素材のこうした使われ方を知ることで、特注製作をするシステムパネルのイメージが掴みやすくなるのではないでしょうか。

生地感がわかるとバックボードにプリントや印刷がどのように出力されるのか、見た目の質感はどのような雰囲気か、といったことも想像しやすくなります。ここで紹介した事柄が皆様のオーダー制作に少しでもお役に立てば幸いです。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.