生地について(用語集)|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

生地について(用語集)

説明会・展示会などの背面に大きくそびえる大型幕。当店では、既製品フレームのイージーシステムパネルを販売させて頂いている事もあり、併せて設置可能なバックパネルのメディアもプリント印刷させて頂いております。その際の生地は、制作コスト重視か品質重視かで当店スタッフはご提案内容が変わってきます。そして、下記には一般的な生地と織など専門用語として集約をさせて頂きました。

バックボードは生地面積もあり、フレームもセットですので決して、お手軽な販促グッズでは無いので印刷生地選びを行う上で少しでも長短所などの情報をお客様にお伝え出来ればと思っております。

テトロントロマット

見本市やインタビュー、記者会見などの背面に使われているバックパネル。その特注制作で最もスタンダードに使われているのがこのテトロントロマットになります。

厚みがしっかりとしているため、透け感の少ないのがオーダーメイドのスポンサーボードに最適なポイントです。表面が滑らかでフルカラーのプリントを鮮やかに表現し、注文製作をすることができます。

テトロントロピカル

化繊生地の特性を生かしながら、トロマットより格安でシステムパネルを作成したい時に役立つのがこちらのテトロントロピカルになります。

激安な分、厚みがトロマットより薄手になるので、多少の透け感を感じることがあります。デザインをベタ塗りにしたり、照明の当て方に気を付けるなど、バックボードをオーダーする際には多少の工夫が必要になる場合があるのでご注意ください。

平織

平織とは経糸と横糸を交互に織っていく織り方で、綿・化繊関係なく使われる生地の中では定番の織りになります。バックボード製作に使われる生地ではトロマット、トロピカル共に平織で作成されています。

糸密度が極端に上がらないため、より軽量な生地として通販で購入できるという、オリジナルバックパネル向けのメリットもあります。

化繊生地

ポリエステルを素材として使った「化学繊維生地」の略称です。インクジェットによるフルカラー出力が鮮やかに表現しやすいので、装飾効果の高い名入れバックパネルを購入できます。

また軽量であるため、スポンサーボードのように設営と撤去を繰り返す販促アイテムには最適な生地となっています。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.