データ作成について(Q&A)|ライブ幕・バンド幕のオリジナル製作は当店に!激安の作成価格で音楽イベント時のバックドロップ幕を格安プリント販売いたします!

データ作成について(Q&A)

ライブハウスや野外フェスのステージ背景に飾られるライブ幕。この舞台を装飾する重要なアイテムをオリジナルで注文する際には、デザインデータをお作り頂くことになります。その時に役立つよくある質問をここに集めましたので、是非ご参照ください。

ライブ幕のデザインデータを入稿するのに最適な形式はありますか?

当店ではライブ幕のオーダーメイドに限らず、特注で購入できる幕、・シート全般にAdobe Illustratorで製作したAIデータによる入稿を推奨しています。イラストレーターのバージョンは現在CS6まで対応しておりますので、よろしくお願い致します。

バンド幕の入稿でAIデータ以外に使える形式はありますか?

はい。AIデータ以外でも幾つかのファイル形式に対応しています。Adobe PhotoshopやMicrosoft Office関連ソフトで制作したライブ幕のデータ入稿に対応しているのでご安心ください。その場合は別途データ変換料金が発生しますのでご了承ください。

手書きデザインでバックドロップ幕をオーダーしたいのですが?

基本的に問題ありません。しかし別途デザイン起こし料金がかかる点や、全ての手書きデザインに対応できる訳ではない点はご了承ください。可能な限り激安価格でライブ幕を販売しますので、ご希望の方はお気軽にご相談を頂ければと思います。

ライブ幕のデータ変換料金はなぜかかるんですか?

工場と取り交わしをする中で、機械などの都合からAIデータに変換する必要が出てくるためです。可能な限り格安通販に尽力しますが、変換料金はライブ幕の名入れデザインやバンドロゴの複雑さなどによって変わりますので、何卒ご理解頂ければと思います。

バンド幕にプリントするのが難しいフォントはありますか?

フォトショップやイラストレーターでコンサート用バックドロップ幕のデータを作成する場合には、ラスタライズやアウトライン化という処理をして頂くことで、どのようなバンドロゴ向きの珍しいフォントなどでも基本的に問題なく出力することが可能です。

バックドロップ幕に写真を載せたいのですができますか?

可能です。フルカラー印刷の場合であれば、写真もしっかりと表現することができます。デジタル画像をデザインに使う場合は、解像度が300dpiに足りているかご確認ください。画素数が低いとせっかくの特注ライブ幕が荒い出力になってしまいます。

ライブ幕のデータ制作にあたって、他に気を付けることはありますか?

データ製作ではバンド幕に限らず、幾つかのポイントがありますが、AIデータの場合はカラーモードを「CMYK」に変更しておくことを忘れないようにしましょう。データ作成後にモードを変えると色味を調整しなければならなくなります。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.