長くお使い頂くために|垂れ幕・懸垂幕のオリジナル製作は当店に!激安の作成価格で店舗装飾やイベント用などを格安プリント販売いたします!

垂れ幕を長くお使い頂くために

いくら格安な値段でオーダーメイドの垂れ幕を購入できると言っても、せっかく特注で制作した以上、出来る限りお客様に長くお使い頂ければと、印刷専門店の当店は常々思っております。

ここではオリジナル製作に使う生地のタイプ別で、懸垂幕のメンテナンス方法を紹介しています。詳細なお手入れ方法に関しましては、生地の種類やプリントの製法によって変わりますので別途、当店スタッフまでお尋ね頂ければと思います。

生地別のメンテナンス

ポリエステル系生地(トロマット・トロピカル・ポンジ)

鮮やかなフルカラー印刷に対応し、軽量である化繊生地は、野球場やサッカースタジアムに持っていくスポーツの応援用や、短期イベントの装飾などの垂れ幕制作によく用いられます。比較的に激安で販売することができますが、屋外で常設するような用途には向きませんので、オリジナル製作をする際にはご注意ください。

お手入れ方法

化学繊維生地は水に濡れること自体は特に問題ありませんが、濡れたまま放置してしまうと傷んでしまう原因になります。もし雨などで懸垂幕が濡れてしまった場合には手洗いにてお手入れ下さい。推奨はしませんが、弱めの水流に設定すれば洗濯機をお使いになることも可能です。その場合には蛍光剤や漂白剤を使わないようご注意ください。

激安作成したオリジナル垂れ幕を収納して置く場合には、日光や湿気を避けて保管してください。

ビニール系生地(ターポリン)

ターポリンなどのビニール生地は、垂れ幕の特注製作に使われる中でも丈夫で水にも強い生地です。そのため球場などに常設で設置して置く場合や、学校やデパートなどで長期間設置しておく場合などによく使われています。丈夫な分、重量がありますので、設営や移動を繰り返す用途のオーダーメイド制作にはあまり向いていません。

お手入れ方法

耐水性や耐久性に優れている生地ですが、屋外に設置している場合はやはり雨風や泥などで汚れやすく、放置し続けると劣化を早める原因になります。もし垂れ幕が汚れてしまった場合には、柔かい布などで優しく拭き取るようにして下さい。頑固な汚れだからとブラシなどで強く擦ると、せっかくオリジナルで特注通販した印刷面が剥がれる原因になります。

また懸垂幕を収納する時には折り畳まず、丸めて仕舞うようご注意ください。

綿生地(シャークスキン綿)

垂れ幕の制作に綿生地を用いる場合は、多くの場合は染めの名入れ印刷を施して、日本伝統の行事の装飾に使ったり、剣道や柔道などの応援や団旗の代わりとして格安作成するご注文になります。屋外で常設してことのあまりない生地なので、手入れ次第ではしっかりと長くお使い頂くことができます。

お手入れ方法

屋内の用途や、定期的に行なわれる式典などで使われることの多い、垂れ幕の作成素材です。元々そこまで強い素材ではないので、基本的に汚れや濡れるのを避けることが重要です。それでも汚れたり濡れた時には、一度丸洗いしてしまうのをお薦めしています。手洗いの他、水流が弱めであれば洗濯機もご利用頂けます。漂白剤や蛍光剤はご利用頂けません。

作成した特注縦幕を収納する時にはカビを防ぐためよく乾かし、湿気と直射日光を避けてください。

CHECK!

垂れ幕ってどのくらいの期間使えるの?

注文製作された垂れ幕が使用できる期間に関しては、プリントの製法や生地、そして設置環境などによって大きく変わるため、はっきりとした事は申し上げられません。 あくまで一般的な目安としては、ポリエステル生地が約1年、ビニール系生地が約2~3年が懸垂幕の耐用年数だとも言われています。これは縦幕を屋外に常設した時の話であり、またメンテナンス次第でさらに長く使える場合も、もちろんございます。オリジナル垂れ幕の使用頻度にも大きく左右されますので、あくまで目安とお考えください。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.