バックパネル製作の仕立てについて|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

バックパネル製作の仕立てについて

当店にて激安販売させて頂いている、バックパネルに設置するオリジナル幕の仕立て方法は下記になります。フレームに基づいた仕立て方法となりますので、準拠させて頂き当店では、格安にてプリント作成しオーダー販売させて頂きます。

バナースタンドなどと同様に背面の広告ボードとなるバックパネルのフレームに取り付ける形になりますので、違う加工方法にて特注製作を行うと折角、製作した幕が無駄になってしまう可能性もございます。ご注文の際にはお気を付けくださいませ。

バックボード使用の際の定番仕立て方法

周囲縫製

バックボードの設置面に合せて製作した幕の周囲を、三つに折り畳み縫製する形で補強する仕立て方法です。

これにより、生地端からのほつれを抑える事が出来、長い期間バックパネルの幕として、各種イベントや展示会などで大活躍いたします。

尚、コストを出来るだけ抑える形で切りっぱなしでと言われるお客様もいらっしゃいますが、バックパネルとして使用するにあたってはお薦めは出来ません。

マジックテープ

当店にて、格安価格にて製作販売させて頂いているシステムパネルへメディアを装着するには幕の周囲にマジックテープを縫製しなければいけなくなっております。

マジックテープにて連結する事で設置や撤去が楽に行え大型広告なのに準備などに時間を取らせない高スペックな仕様の販促グッズへと変わります。尚、当店にてバックボード用に制作させて頂いた幕には、マジックテープ加工をさせて頂き激安販売させて頂きます。

CHECK!

バックパネル無しで大きな背面幕は作れますか?

もちろんオリジナル制作は可能です!

フレームがあるバックパネルに取り付けるのではなく、パーテーションなどお客様の設置されたい特殊環境があり、それに見合った形でオーダーメイド作成をして欲しい場合でも当「幕・シートの卸」では、通販専門店だからこその特価にて大型幕としてオリジナル制作いたします。

その場合には、下記にご紹介させて頂く「ハトメ加工」や「棒袋」などの仕立てが一般的になります。設置環境や方法などを、当店スタッフへお伝えくださいませ。

もし現状、何かしらの形にて壁面などにオリジナルの大型幕を設置していて張替え希望なので同じ仕様でと言った場合には、仕立て部分などの写真もお見積りの際に一緒に送って下さいますとスムーズなご提案が可能になります。

フレーム設置などの無い大型背面幕の製作も可能です

定番仕立て:ハトメ加工
簡易仕立て:棒袋加工

システムパネルへ取付ける想定では無い形で背面に設置する大型幕を作成されたい場合には、上記のイメージ画像に掲載させて頂いてるようなロープで各所を留めるハトメ加工や、タペストリーのような形にて設置する棒袋加工などがございます。

当、「幕・シートの卸」では、ハトメ・棒袋も激安価格にて、加工を施させて頂きます。設置のご相談などは、お気軽にお電話(0120-001-991)くださいませ。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.