デザインについて(Q&A)|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

デザインについて(Q&A)

バックパネルはイベントブースやインタビュー記者会見の背面などに設置されている販促アイテムです。お客様から寄せられた、デザインに関する良くあるご質問をここに集めさせて頂きました。参考になれば幸いです。

バックパネルのデザインを全てお任したいのですが可能ですか?

当店ではバックボードのデザインを一から製作することは行っておりません。申し訳ありませんがご理解ください。簡単な手書きのイメージラフなどを頂ければ、そこからデザインに起こすことはできます。デザイン作成で不安がありましたら、お気軽にご連絡ください。

スポンサーボードの印刷に不適切なものはありますか?

どのようなデザインでも自由なのがオーダーメイド制作の利点です。しかし人目に触れるものである以上、肖像権をなどの権利侵害の疑いがあるものや、不特定多数に不快感を与えるバックパネルは注文をお断りすることもあります。

バックボードに直筆の文字をレイアウトすることはできますか?

可能です。システムパネルのサイズが大きい場合には、合わせて載せる名入れ文字も大きく書いていただくこともありますのでご了承ください。企業の代表様のメッセージや、筆文字を使って和風な販売商品を見本市でアピールすることも出来ます。

色数や文字数が変わるとシステムパネルの価格も変わるのですか?

格安通販の専門店である当店では、名入れの文字数などで費用が変わるようなことはありません。しかし色数が増える場合には印刷方法によっては価格が上がってしまうことがありますのでバックパネルを激安で購入する際にはご注意ください。

線の細かいプリントをバックパネルにすることはできますか?

素材などにもよりますが、基本的には可能です。一口に細かいと言っても、どこまで詳細なのかは差がありますので、制作したいスポンサーボードのオリジナルデザインの内容と共に、当店スタッフにご相談いただければと思います。

スポンサーボードにグラデーションを載せることは可能ですか?

基本的には大丈夫です。インクジェットプリントと化繊生地を使った特注システムパネルであれば難なく再現することが可能です。色鮮やかなグラデーションで作成し、展示会ブースを魅力的に装飾することも可能です。

バックボードデザインのチェックや変更はどのタイミングまで可能ですか?

最終チェック後、工場での実製作が始まるまでは変更や修正をすることが可能です。その後になりますと間違いが合った時でもバックボードの修正は出来ませんので、ご確認をしっかりとして貰えればと思います。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.