さらに格安でバックパネルを制作|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売いたします!

さらに格安で制作する

バックボードのオリジナル制作にあたっては、当店はどのようなオーダー形態でも激安での受注を心がけています。しかし注文の仕方によってやはりさらに低価格で特注バックパネルの作成や購入が可能になります。

バックボードは展示会ブースの装飾やステージの背面、インタビューなどのイベントで使われることが多いので、その演出や設計をもう一度見直すことで、さらにオトクな料金でオーダーメイドをすることができます。

製作コストを抑える4つの方法

数

注文数を増やして激安!

バックパネルをオリジナルで作成する際の製作単価は、注文数によって変わってきます。当店では最小1枚から格安受注を承っておりますが、複数の発注をまとめていただくことにより、さらにコストパフォーマンスを上げることが可能になります。

会場の大きさや今後の計画を考えよう

同じようなデザインのスポンサーボードを今後の見本市で使う可能性があるという場合や、ブースや会場のサイズによって複数のシステムボードを設置できる場合などには、一度に多く発注することでお得な通販が可能になります。

闇雲に大量のバックボードの制作するのは、保管場所の問題などもあるのでお薦めしません。今後のイベント出展計画を見直して必要だと感じた場合や、予期せぬ事態に備えての予備としてのシステムパネルを製作するのがお薦めです。

サイズ

サイズ変更で格安!

展示会や見本市のブース、ステージ背面の装飾用途などにバックパネルを特注製作する場合には、小間や舞台の大きさがあらかじめ決まっているので、サイズを変更することは難しいかと思いますが、大きさは価格に大きく関係する大事な要素となっています。

装飾の設計やレイアウトを見直そう

名入れシステムパネルの作成において、サイズは値段に直結する重要なポイントです。使用する場所の広さが変わらなくても、装飾のレイアウトや演出方法などを見直すことにより、さらに低価格でのスポンサーボードのオーダーメイドができる可能性があります。

オリジナルのバックボードを購入を現在お考えの方は、ぜひもう一度必要なサイズをご確認ください。

サイズ

色数を減らせばオトクに!

せっかくバックパネルを制作するのですから、色鮮やかなプリントのスポンサーボードを製作したいと考えるかもしれません。

しかしデザインに使う色数を少なくすることで、さらにコストを抑えることができるのです。

必要な色数を考え直してみる

イベントのイメージカラーによってはステージ背面のバックボードに多くの色がいらないこともあり得ます。またシンプルでスッキリとしたイメージで売りたい商品を展示ブースや記者会見でアピールする場合には派手さを抑え、少ない色のプリント印刷で十分という場合も十分あり得ます。

白は1色に含まれないので白ベースのシステムパネルをオリジナルで作成すれば、より安く特注できる可能性があります。

同時発注

他の幕やシートと合わせて割安!

当店ではバックパネルの名入れだけではなく、タペストリーや横断幕、バナーなど、バックボードと組み合わせて使える商品を多数取り扱っております。こうしたアイテムと同時に注文することで、よりお安く販売を行うことが可能になります。

他の店舗やイベントで必要な備品がないかチェック

システムパネルが必要なシチュエーションは数多くありますが、真っ先に思い浮かぶものとしては、展示会・見本市などのイベントやインタビュー、記者会見などが挙げられます。このような状況ではスポンサーボード意外にも様々なオーダーメイドの幕やシートが必要になることが考えられます。

そのような場合には、ぜひとも当店で扱っている他の幕やシートと合わせての発注をご検討ください。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.