仕立てについて(用語集)|バックパネル・バックボードのオリジナル製作は当店に!展示会や記者会見・インタビューのシステムパネル使った背面大型幕も激安プリント販売!

仕立てについて(用語集)

展示会や見本市のブース装飾を始め、記者会見やインタビューなどの背面でも活躍しているのがバックパネルです。注文製作の場合には名入れ印刷やプリントデザインなども重要ですが、仕立てや加工に関しても疑問に思うことはあるのではないでしょうか。このページでは仕立てに関する用語をわかりやすく説明しておりますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

マジックテープ

バックボードの設営では、当店でも通販にて販売しているイージーシステムパエルという専用スタンドをお使い頂くのが一般的になっています。この場合は生地の裏側にマジックテープ加工をを行うことで、スタンドにワンタッチで貼りつけることができるようになります。イージーシステムパネルを使う場合にはこちらが基本になり、設営や撤収が非常に簡単になる便利な仕立てです。

ハトメ加工

オリジナル制作のバックパネルを、専用パネルやスタンドではなく、壁やフェンスなどに設置する場合にはこのハトメ加工がお薦めです。ハトメとは、バックボードの生地に紐遠し用の穴を開け、金属の輪をカシメたもののことです。しっかりと固定できる点や、様々な場所に柔軟にスポンサーボードを設営できるのも利点です。なおハトメの数や位置はお客様の希望通りにお作りすることが可能です。

周囲カット
(ヒートカット)

オーダーメイドのバックボードをイージーシステムパネルなどのサイズに合わせて裁断する時に、高温になるヒートカッターで切断する加工です。切断時に熱で生地が一瞬溶け、その後再び固まることでホツレたりしないように作成することができます。激安、格安で購入ができますので、コストパフォーマンスを優先したい方にもお薦めの仕立です。

周囲縫製

特注のバックパネルに対して、ヒートカットよりさらにしっかりとした生地の耐久性を求める時にオーダーされるのが、この周囲縫製です。名前の通り、裁断した後に四辺を折り返し縫製する加工になります。風の強い会場などにスポンサーボードを設営する場合や、この先も長くお使い頂けるときにはこちらの加工をお薦めしております。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム
  • お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル0120-001-991
  • 無料お見積りフォーム
  • お問い合せフォーム

新商品:バックパネルに最適なジャンボバナースタンド

幕・シートの卸
株式会社S-1
会社住所 :東京都新宿区新宿1-13-11
シブヤビル5F
電話番号 :03-6380-1213
お客様専用:0120-001-991
FAX番号 :03-6380-1217
E-mail  :info@maku-oroshi.com

copyright ©幕・シートの卸. All rights reserved.